ニキビとストレスの関係性~メカニズムとストレス解消法~

ニキビとストレスは多いに関係性があり、普段からのストレスをどう解消していくかが大事になります。ここでは、ニキビとストレスの関係性や解消法んどをお伝えしていきます。
MENU

ニキビとストレスの関係性~メカニズムとストレス解消法~

思春期ほどニキビができやすいこともなかったのに、社会に出て仕事に忙しく追われたり、人間関係等にに悩む機会が多くなってから急にニキビが増え出したという経験がある人は多いと思いのではないでしょうか?

 

それくらいストレスはニキビにとって大きな原因の一つになります。ストレスが直接的にニキビを引き起こすことはもちろんですが、ストレスによる様々な体の変化などが間接的にニキビを引き起こすケースもあります。

 

つまりそれだけストレスは様々な要素からニキビを引き起こす原因になってしまうのです。以下、ストレスがニキビを引き起こす原因を詳しく見ていきましょう。

 

ストレスによるニキビの原因

ストレスは心身を緊張した状態にします。すると自律神経においては、緊張状態をつかさどる交感神経が副交感神経よりも優位になります。交感神経は男性ホルモンの分泌を促進する作用があるため、その状態が続くと男性ホルモンの量が増えていきます。

 

男性ホルモンは皮脂分泌を増やし、角質を厚くするため、毛穴が詰まり、ニキビの発生や悪化を招きます。ストレスが続いたり、どんどん蓄積したりしていくと、それに伴ってニキビの悪化も進む可能性があります。

 

思春期ニキビも男性ホルモンが影響している?

皮脂が毛穴の中に留まってしまうのがニキビの因子ともいえ、その皮脂を栄養素として、アクネ菌が増え続けることで、ニキビは炎症を起こし、一層悪化すると言われています。
市販の化粧品を使った時でも、刺激を感じるという敏感肌のケースでは、何と言っても刺激の少ないスキンケアが絶対必要です。通常やっているケアも、負担の小さいケアに変えるべきでしょう。
一定の年齢になると、様々なところの毛穴のブツブツが、至極気にかかるものなのですが、ブツブツ状態になる迄には、長時間を要してきたわけです。
そばかすと呼ばれるものは、元来シミが出やすい皮膚の人に出ることがほとんどなので、美白化粧品の効用で治ったように見えても、しばらくしますとそばかすに見舞われてしまうことが少なくないのだそうです。
年齢が変わらない友だちでお肌に透明感のある子がいると、「どうして自分ばかり思春期ニキビで苦悩しているのか?」「何をすれば思春期ニキビに打ち勝つことができるのか?」と考えられたことはありますよね?
ニキビとストレスの関係
お肌が紫外線による刺激を受けると、それから先もメラニン生成をストップするということはなく、いつまでもメラニンを誕生させ、それがシミのベースになるというのが一般的です。
普段からスキンケアに励んでいても、肌の悩みが消えうせるなんてことはありません。このような悩みって、誰しもが持つものではないのでしょうか?他の人はどのようなことで頭を抱えているのか聞いてみたいです。
「日本人につきましては、お風呂好きが多いようで、無茶苦茶入浴し過ぎたり、お肌をきれいにし過ぎたりして乾燥肌に見舞われる人がかなりいる。」と指摘しているお医者さんも存在しています。
どなたかが美肌を求めて精進していることが、当人にもちょうどいいことは滅多にありません。お金が少しかかるだろうと想定されますが、様々なものを試してみることが必要だと考えます。
痒みに見舞われると、横になっている間でも、いつの間にか肌を爪で掻きむしってしまうことがあります。乾燥肌の人は爪を切っておくことが必須で、不注意で肌にダメージを与えることがないように意識してください。

ニキビが発生する理由は、年齢別で異なっています。思春期に顔全体にニキビが発生して苦心していた人も、20代になってからは100%出ないということも多いようです。
芸能人とか著名エステティシャンの方々が、専門雑誌などで公開している「洗顔しない美容法」を確かめて、関心を持った方もかなりいることでしょう。
「美白化粧品というものは、シミを見つけ出した場合のみ使えば十分といった製品ではない!」と肝に銘じておいてください。日頃の手入れで、メラニンの活動を鎮静化して、シミのでき辛いお肌を維持しましょう。
肌荒れを快復したいなら、良質の食事をとるようにしてカラダの内側からきれいにしていきながら、外からは、肌荒れにおすすめの化粧水を率先使用してきれいにしていく必要があります。
「不要になった化粧または皮脂の汚れを取り除ける。」ということが大切だと思います。これが着実にできていなければ、「美白は絶対無理だ!」と言っても間違いありません。

 

 

生活習慣の乱れによる間接的なストレスによるニキビ

ストレスは様々な要因でカラダの不調や心の乱れを引き起こします。そして、生活習慣の乱れて間接的にニキビを招く可能性が高くなっるのです。以下のような生活習慣の乱れが当てはまる場合は注意が必要になります。

 

便秘

胃腸は臓器の中でも最もストレスの影響を受ける臓器です。逆に捉えれば、ストレスも受け入れて、身代わりになってくれているともいえます。
ストレスによって、イライラする、怒る、悲しい、憂い、クヨクヨする、などの負の感情は胃腸に深く関係してきます。このような感情は「便を緩くしたり、固くしたりする」こともよくわかっており、胃腸機能自体を傷つけて「便秘」になりやすい傾向があります。これらを「ストレス性便秘」ともいいます。

 

腸は、これらの有害物質を吸収して、血液を通して肌に運びます、そして皮脂や汗などと一緒に有害物質を排出するのです。当然、有害物質を肌から排出することでターンオーバーが乱れる原因となり、ニキビが発生しやすくなってしまいます。

 

睡眠不足

ニキビ肌向けのスキンケアは、念入りに洗って余った角質とか皮脂といった汚れを取り除いた後に、抜かりなく保湿するというのが一番大事になります。これは、体のどの部位に発生したニキビでも同じだと言えます。
ニキビが出る理由は、それぞれの年代で異なると言われます。思春期に広範囲にニキビが生じて苦悩していた人も、大人と言われる年齢になってからは一回も出ないということもあると教えられました。
美肌になることが夢だと精進していることが、驚くことに間違ったことだったということも非常に多いのです。とにかく美肌追及は、原則を習得することから開始です。
お肌が紫外線による刺激を受けると、その先もメラニン生成が止まるなんてことはなく、永遠にメラニン生成を続け、それがシミのきっかけになるわけです。
水分が消え失せてしまって毛穴が乾燥しますと、毛穴にトラブルが生じる素因となり得るので、乾燥しやすい冬は、徹底的な手入れが必要になってきます。

お肌をカバーする形の皮脂を取り除きたいと思って、お肌を力任せに擦っても、それが悪影響を及ぼしてニキビを誕生させる結果となります。なるだけ、お肌が摩擦で傷つかないように、弱めの力で行うようご留意ください。
肌荒れ阻止の為にバリア機能を強固にしていたいのなら、角質層全般に水分を保持する働きを持つ、セラミドが含まれた化粧水を活用して、「保湿」に努めることが要求されます。
昔のスキンケアと申しますのは、美肌を構築する体全体の機序には目が行っていなかったわけです。一例を挙げれば、田畑を掘り起こさずに肥料だけ散布しているのと同じです。
日々のくらしの中で、呼吸について考えてみることはないのではありませんか?「美肌と呼吸は切っても切れない関係なの?」と不思議に思うでしょうが、美肌と呼吸は切り離しては考えられないのはもはや否定できないのです。
「日焼けをしたというのに、手入れをすることをしないでスルーしていたら、シミが生まれてしまった!」みたいに、日々気に留めている方だとしても、「すっかり忘れていた!」ということは必ずあると言って間違いないのです。
ニキビとストレスの関係
お肌の乾燥と言われますのは、お肌のツヤの素とも言える水分が消失してしまった状態のことを言うわけです。尊い水分がなくなったお肌が、雑菌などで炎症を引き起こして、痛々しい肌荒れがもたらされてしまうのです。
肌荒れを改善するためには、いつも系統的な生活を実行することが肝要になってきます。殊に食生活を良化することで、体内から肌荒れを元通りにし、美肌を作ることが何より理に適っていると思います。
アレルギーが元凶の敏感肌というなら、専門機関での受診が要されますが、ライフスタイルが誘因の敏感肌ということなら、それを修復すれば、敏感肌も修正できると思われます。
普通、「ボディソープ」という名で陳列されている物だとすれば、おおよそ洗浄力は問題ないレベルだと考えます。従って肝心なことは、肌に刺激を与えないものを手にすることが不可欠だということです。
敏感肌だったり乾燥肌のケアで大事しなければならないのは、「肌のバリア機能をステップアップさせて立て直すこと」だと断言できます。バリア機能に対するお手入れを何より優先して遂行するというのが、大前提になります。

 

 

 

乱れた食生活

「ストレス過多による、普段ではありえない行動」の経験を述べてもらった調査によると、1位は「暴飲暴食」でした。
「42.0%の人がストレスでのやけ食い・やけ飲みの経験があるとしている。」という調査結果からもわかるように、ストレスによるやけ食いそのものは理解できなくもありませんが、食事の質自体も変化してしまう恐れがあります。特に炭水化物・動物性脂肪の摂り過ぎは、皮脂の分泌量を増やし、ニキビを引き起こすことに繋がります。

 

 

心理学に基づいたストレスの解消法

ここまででもおわかりの通り、ストレスに関わることはニキビももちろんですが、過度になるともっと深刻なうつなどの症状を引き起こす可能性もあります。

 

ここではストレスを解消するためにとても効果的な世界でもっとも権威のある心理学団体「アメリカ心理学会」(通称APA)が提唱するストレス解消法をご紹介します。このAPAが超大がかりなストレスに関する調査を元に、科学的に実証された本当に効くストレス解消法なので、参考にしていただければと思います。

 

 

1運動・エクササイズ

 

運動・エクササイズの効用は誰しもが感じたことはあるでしょう。科学的にストレス解消の効果が実証されている点では間違いなく、短期的にストレスをやわらげるのはもちろん、長期的にストレスにも強い脳を作ってくれます。意外なほど実践までのハードルが高いのがデメリットでしょう。

 

2心を整える瞑想

 

瞑想もとても効果的なストレス解消法。血圧を下げてストレスホルモンを減らし、ネガティブな感情も消してくれます。

 

3読書

 

意外と見逃されがちなのが、読書のストレス解消効果。本を読むと知識がつくだけじゃなく、ストレスが68%も削減されるとの報告もあります。研究によれば、読む本は自分が好きなものなら何でもOKで、できれば1日30分を読書に使うと良いでしょう。

 

 

4音楽

 

研究によれば、テンポの遅い音楽を聞くだけで心拍数と血圧が下がり、実際にストレスホルモンのレベルも下がったそうです。リラックスさせる曲は自分の好みのものを選ぶのが一番良いでしょう。ヒーリングやクラシック等もリラックスにはおすすめです。

 

 

5散歩

 

天気のいい日に外を歩くのは健康にいいだけでなく、ストレスを30%も下げてくれます。お気に入りの公園やカフェに行くのに散歩でいくと、よりリラックスできておすすめです。

 

6気心知れた家族や友人と過ごす

 

友人や家族と仲が良いと自尊心と安心感が高くなり、ストレスレベルが想像以上に下がるという研究結果も出ているほどです。忙しい日常の中においてもこの時間が確実に確保出来ている人は比較的にストレスとは無縁の生活を送っているといえます。

 

7マッサージ

 

マッサージのストレス解消効果も、科学的にはかなり実証済み。臨床研究では、90分のマッサージを受けると心拍数やストレスホルモンのレベルが下がったとの報告もあります。

 

よくありがちな間違ったストレス解消法

正しいストレス解消法と、ついでに間違ったストレス解消法も知っておくいいでしょう。。

 

  1. ギャンブル
  2. ショッピング
  3. タバコ
  4. やけ食い

 

その他にもテレビゲームやネットサーフィン、テレビを見る、映画などもです。

 

あなたもこのように間違った解消法でなく、健全なストレス解消法を実践して憎きニキビを防ぐ習慣を身に付けましょう。

このページの先頭へ